フェノチアジン系抗精神病薬「ペルフェナジン」はどんな薬なのか

ペルフェナジン(商品名:ピーゼットシーほか)はハロペリドール(セレネースほか)同様、古典的なフェノチアジン系抗精神病薬で、長年にわたり使用されており、北部ヨーロッパおよび日本での使用頻度が高い。ドイツ・デュッセルドルフ大学のBenno Hartung氏らは、統合失調症患者に昔から使用されているペルフェナジンの有効性と安全性を明らかにするため、これまでの研究をレビューした。その結果、検討した試験はすべて非常に質の低いエビデンスであったが、ペルフェナジンが他の抗精神病薬と同様の有効性と安全性を示すことを報告した。そのうえで、安価で使用頻度の高いペルフェナジンの特性を明確にする、さらなる研究の必要性を指摘した。Cochrane Database Systematic Reviewオンライン版2015年3月6日号の掲載報告。

研究グループは、ペルフェナジンの統合失調症患者および統合失調症様障害患者に対する臨床的効果および安全性を検討した。オリジナル検索をCochrane Schizophrenia Group’s register(2013年9月)を用いて、参考文献とともにアップデートし、さらなる試験を得るため製薬会社や包含した試験の著者に問い合わせを行った。試験の選択基準は、統合失調症や統合失調症様障害(あるいはその両方)患者に対する治療として、ペルフェナジンを他の治療法と比較検討しているすべての無作為化対照試験とした。ペルフェナジンのデポ剤による治験は除外した。

主な結果は以下のとおり。

・31件の研究が選択基準を満たし、対象患者は計4,662例(うち4,522例は研究グループが実施した比較試験に関連する薬剤を使用)であり、少なくとも1つの比較に関する使用可能なデータを提示した。
・試験実施機関はヨーロッパ(とくにスカンジナビア)、日本、北アメリカに位置していた。
・ペルフェナジンとプラセボとの比較において、主要アウトカムである臨床反応に関して、ペルフェナジン群がより良好の結果を示した。プラセボ群のほうが、全身状態に関して「良好ではない、または増悪した」患者が有意に多かった(RCT 1件、61例、RR:0.32、95%CI:0.13~0.78、エビデンスの質は非常に低い)。
・再発はプラセボ群がより多かったが、統計的に有意ではなかった(RCT 1件、48例、RR:0.14、95%CI:0.02~1.07、エビデンスの質は非常に低い)。
・ペルフェナジンとプラセボの比較試験において、死亡例の報告はなかった。
・ジストニアの発現において、明確な群間差は示されなかった(RCT 1件、48例、RR:1.00、95%CI:0.07~15.08、エビデンスの質は非常に低い)。なお、今回の比較試験では、重篤な有害事象、経済的アウトカム、サービス利用や入院などのアウトカムは報告されていなかった。
・ペルフェナジンと他の抗精神病薬との比較において、薬剤間に事実上の有効性の違いは認められなかった。
・「良好ではない、または増悪した」と考えられた患者に関して、群間の有意差は認められなかった(RCT 17件、1,879例、RR:1.04、95%CI:0.91~1.17、エビデンスの質は非常に低い)。
・精神状態のアウトカムについて、試験薬剤による「効果なし」との判定に関しても群間差は認められなかった(RCT 4件、383例、RR:1.24、95%CI:0.61~2.52、エビデンスの質は非常に低い)。
・分析に含んだ試験すべてにおいて、死亡例の報告はなかった。
・ペルフェナジンと他の抗精神病薬とにおいて、ジストニア発現率に有意差はなく(RCT 4件、416例、RR:1.36、95%CI:0.23~8.16、非常に質の低いエビデンス)、重篤な有害事象に関しても有意差は認められなかった(RCT 2件、1,760例、RR:0.98、95%CI:0.68~1.41、エビデンスの質は非常に低い)。

レビューの結果を踏まえて著者らは、「50年以上にわたり、ペルフェナジンは無作為化試験の対象薬とされてきたが、試験報告は不十分であり、使用された比較対照薬が多彩で、明確な結論を導けずにいた。今回のレビューにおいて、主要アウトカムに関するデータはすべて非常に質の低いエビデンスであった。したがって言えることは、ペルフェナジンは他の抗精神病薬と同様の有効性と有害事象を示したということだけである。ペルフェナジンは安価で、使用頻度の高い製剤であり、さらなる研究を行い、この古典的な抗精神病薬の特性を明確にする必要がある」とまとめている。

出典

Hartung B, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2015;3:CD003443. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました