統合失調症患者の体重増加に関与する遺伝子は

抗精神病薬治療中の体重増加および食欲変化と複数の候補遺伝子との関連性を調査するために、韓国・三星医療院のS Ryu氏らは検討を行った。Pharmacopsychiatry誌オンライン版2016年2月4日号の報告。

60の候補遺伝子内の233の一塩基多型(SNP)を決定した。抗精神病薬を処方された統合失調症患者84例における最大8週間のBMI変化を、線形混合モデルを用いて分析した。さらに、薬物関連の摂食行動に関するアンケートを用い、統合失調症患者の異なるグループの46例における、抗精神病薬治療中の食欲変化を評価した。

主な結果は以下のとおり。

・多重検定による補正後、BMI、食欲の変化との間に、統計的に有意な差が認められるSNPはなかった。
・11遺伝子内の19個のSNPと体重増加、5遺伝子内の7個のSNPと食欲変化との間に関連傾向が認められた(p<0.05)。
・とくに、GHRL内のrs696217は、体重増加(p=0.001)だけでなく食欲変化(p=0.042)においても関連性が示唆された。
・rs696217のGG遺伝子型を有する患者は、GT/TT遺伝子型を有する患者と比較して、BMIと食欲の両方において高い増加が示された。
・抗精神病薬治療中の統合失調症患者において、とくに食欲変化が影響する体重増加へのGHRL遺伝子多型の関与が示唆された。

出典

Ryu S, et al. Pharmacopsychiatry. 2016 Feb 4. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました