統合失調症患者の性生活に対する満足度は

統合失調症患者における主観的QOLの研究は広く行われているが、性生活の満足度については、ほとんど知られていない。英国・Newham Centre for Mental HealthのNeelam Laxhman氏らは、統合失調症患者の性生活に対する満足度を評価し、より低い満足度に関連する患者の特徴を調査した。Schizophrenia research誌オンライン版2017年3月5日号の報告。

統合失調症または関連疾患(ICD-10 F20~29)を有する患者の、5つの独立したサンプルデータを分析した。性生活の満足度を含むQOLは、Manchester Short Assessment of Quality of Life(MANSA)を用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・すべての患者1,404例において、性生活の満足度は、他の生活関連の満足度よりも有意に低かった。また、各サンプルの平均スコアは、中間スケールポイントを下回り、不満は明らかであった。
・満足度の低さと関連していたのは、男性、未婚、感情症状の多さであった。

著者らは「統合失調症患者は、性生活に関する不満を感じている。この不満の背景と理由について、今後の研究で明らかにすべきである」としている。

出典

Laxhman N, et al. Schizophr Res. 2017 Mar 5. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました