統合失調症患者の生存期間、30年間で改善されたのか

最近の報告によると、統合失調症患者と一般人口の死亡率の格差は拡大していることが示唆されている。スウェーデン・カロリンスカ研究所のA. Tanskanen氏らは、1984~2014年のフィンランドにおける統合失調症患者と一般人口の死亡率、死亡年齢、死因について調査を行った。Acta Psychiatrica Scandinavica誌オンライン版2018年6月13日号の報告。

フィンランドにおけるすべての統合失調症患者は、病院退院レジストリから特定した。フィンランドの統計データに基づき、1984~2014年の16歳以上のフィンランド人との比較を行った。死亡年齢および標準化死亡比(SMR:standardized mortality ratio)は、フォローアップ年ごとに算出した。

主な結果は以下のとおり。

・1984年と2014年の平均死亡年齢は、統合失調症患者では57.6歳から70.1歳に上昇し、一般人口では70.9歳から77.5歳に上昇した。
・フォローアップ期間中の全死因のSMRは、変動がなかった(1984年:2.6、2014年:2.7)。
・主要な変化は、自殺のSMRで認められ、1984年の11.0から2014年の6.6に減少していた(-40%)。
・心血管およびがんのSMRに増加傾向が認められた。

著者らは「統合失調症患者の生存期間は、一般人口とほぼ同様に改善が認められており、自殺率に関しては大幅な低下が認められた。しかし、一般人口と比較し、いまだ死亡率の格差が残存している」としている。

出典

Tanskanen A, et al. Acta Psychiatr Scand. 2018 Jun 13. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました