統合失調症と自閉スペクトラム症、その特徴の違いは

 治療抵抗性統合失調症(TRS)の複雑な病態生理には、重度の陽性症状だけでなく、ほかの症状領域も含まれている。また、統合失調症と自閉スペクトラム症(ASD)の重複する心理学的プロファイルは、明らかになっていない。千葉大学の仲田 祐介氏らは、統合失調症とASD患者における神経発達および認知機能に焦点を当て、比較検討を行った。Schizophrenia Research. Cognition誌2020年7月27日号の報告。

 対象は、TRS患者30例、寛解期統合失調症(RemSZ)患者28例、ASD患者28例。一般的な神経認知機能はMATRICSコンセンサス認知機能評価バッテリーを用いて評価し、社会的な認知機能は心の理論(theory of mind)と感情表出(emotional expression)で評価した。自閉症の特徴は、自閉症スペクトラム指数(AQ)、自閉症スクリーニング尺度(ASQ)、広汎性発達障害評価尺度(PDDRS)を用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・TRS患者では、一般的な神経認知機能および社会的な認知機能が最も悪かった。

・RemSZ患者は、3群間で最も良好であった。

・自閉症の特徴は、すべての尺度において、以下のとおりであった。
 ●ASD患者は、自閉症の特徴のスコアが最も高い。
 ●TRS患者は、ASD患者よりもスコアが低かった。
 ●全体的な傾向として、TRS患者のスコアは、ASD患者とRemSZ患者の間であった。

 著者らは「TRS患者とRemSZ患者では、異なる特徴的な神経発達および認知プロファイルを有している可能性が認められた。さらに、TRS患者の社会的な認知機能障害と自閉症の特徴の程度はASD患者と似ており、TRSとASDの類似性が示唆された」としている。

出典

Nakata Y, et al. Schizophr Res Cogn. 2020;22:100186.

コメント

タイトルとURLをコピーしました