統合失調症患者の攻撃性の治療、持効性注射剤の可能性は

攻撃的な行動の管理は、統合失調症治療において課題であり、洞察力の低さ、精神症状の再燃、物質使用障害や人格障害との併存などの疾患重症度の臨床的予測因子と関連付けられることが少なくない。統合失調症の再発とそれに伴う攻撃的な行動のリスクは、しばしばコンプライアンス不良が原因である。イタリア・ミラノ大学のMassimiliano Buoli氏らは、統合失調症患者の攻撃性管理のための抗精神病薬持効性注射剤の使用に関する臨床的概要について報告した。Clinical Schizophrenia & Related Psychoses誌オンライン版2018年6月26日号の報告。

主要なデータベースを検索して、本検討に関連する文献を抽出した。

主な結果は以下のとおり。

・統合失調症の攻撃的な行動に対する抗精神病薬持効性注射剤の有効性を調査した研究はわずかしかなく、そのほとんどがサンプルサイズの小さいレトロスペクティブ研究であった。
・統合失調症患者の攻撃的な行動の管理に対し、アリピプラゾール持効性注射剤(商品名:エビリファイ)は、有用であると考えられる。しかし、長期的なデータは存在しないことが、推奨を妨げる要因となっている。
・特定の抗精神病薬持効性注射剤が、統合失調症の攻撃的な行動に対して有効であることを結論付ける十分な証拠は認められなかった。

著者らは「抗精神病薬の持効性注射剤と経口剤について、統合失調症の暴力行為の予防に対する臨床的な利点を評価するためには、今後の比較研究(たとえば、経口クロザピン[クロザリル]およびアリピプラゾール持効性注射剤)が必要である」としている。

出典

Buoli M, et al. Clin Schizophr Relat Psychoses. 2018 Jun 26. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました