措置入院患者の再入院に影響する要因は

措置入院の統合失調症患者は、任意入院患者と比較し、再入院率が高いなど予後不良である可能性がある。これまであまり知られていなかった統合失調症措置入院患者における再入院のリスク因子について検討が行われた。

台湾・Taoyuan Psychiatric CenterのYu-Yuan Hung氏らによる、PLOS ONE誌2017年10月26日号の報告。

2008年7月から2013年6月までの統合失調症措置入院患者138例を対象に、3ヵ月および1年後の再入院について追跡を行った。

主な結果は以下のとおり。

・再入院率は、3ヵ月後で15.2%、1年後で33.3%であった。
・1年後の再入院リスクと関連していた要因は、未婚状態(調整オッズ比[aOR]:6.28、95%CI:1.48~26.62)、過去の措置入院歴(aOR:4.08、95%CI:1.19~14.02)、長期の措置入院期間(aOR:1.04、95%CI:1.01~1.07)、短期の総入院期間(aOR:1.03、95%CI:1.01~1.05)であった。
・3ヵ月後の再入院リスクと関連していた要因は、若年齢(aOR:1.10、95%CI:1.02~1.18)であった。

著者らは「医療従事者は、措置入院後の再入院を減らすためにも、これらのリスク因子を有する患者に注意を払う必要がある」としている。

出典

Hung YY, et al. PLoS One. 2017 Oct 26;12:e0186768.

コメント

タイトルとURLをコピーしました