非情動性精神疾患に持続性注射剤抗精神病薬は有用か

 非情動性精神疾患の成人患者に対する長時間持続性注射剤(LAI)抗精神病薬による維持療法の再発予防および受容性について、イタリア・ベローナ大学のGiovanni Ostuzzi氏らは、検討を行った。The American Journal of Psychiatry誌オンライン版2021年2月18日号の報告。

 MEDLINE、Embase、PsycINFO、CINAHL、CENTRALなどより、2020年6月までに公表されたランダム化比較試験を検索した。相対リスクと標準化平均差は、ランダム効果ペアワイズおよびネットワークメタ解析を用いてプールした。主要アウトカムは、再発率およびすべての原因による中止(受容性)とした。研究の質はCochrane Risk of Bias toolを、プールされた推定値の確実性はGRADE(Grading of Recommendations Assessment, Development, and Evaluation)を用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・選択基準を満たした研究86件のうち、78件(1万1,505例)をメタ解析に含めた。

・再発予防に関しては、12種類のLAIのほとんどにおいて、プラセボを上回っていた。

・プラセボと比較したLAIの最大推定値および最高ランキングであった薬剤は、パリペリドン3ヵ月製剤(表品名:ゼプリオン)とアリピプラゾール(エビリファイ)であった。

・リスペリドン(リスパダール)、pipothiazine、オランザピン(ジプレキサ)、パリペリドン1ヵ月製剤についても、プラセボと比較し、順に優れた再発予防を有していた(GRADEの確実性:中~高程度)。

・LAI同士の直接比較では、ハロペリドール(ハロマンス)のみが、アリピプラゾール、フルフェナジン(フルデカシン)、パリペリドンよりも劣っていた。

・受容性に関しては、ほとんどのLAIがプラセボを上回っており、zuclopenthixol、アリピプラゾール、パリペリドン3ヵ月製剤、オランザピン、flupenthixol、フルフェナジン、パリペリドン1ヵ月製剤は、順に優れた受容性を有していた(GRADEの確実性:中~高程度)。

・LAI同士の直接比較では、アリピプラゾールのみが、他のLAI(ブロムペリドール、フルフェナジン、パリペリドン1ヵ月製剤、pipothiazine、リスペリドン)よりも優れた受容性を示した。

 著者らは「パリペリドン3ヵ月製剤、アリピプラゾール、オランザピン、パリペリドン1ヵ月製剤のLAI抗精神病薬は、再発予防と受容性において、最高のエフェクトサイズとエビデンスの確実性を有していた。このネットワークメタ解析の結果は、最前線で治療にあたっている臨床医やガイドラインの作成に役立つであろう」としている。

出典

Ostuzzi G, et al. Am J Psychiatry. 2021 Feb 18. [Epub ahead of print]

タイトルとURLをコピーしました