統合失調症患者の脳活性、リスペリドン vs. アリピプラゾール

前頭前野ネットワークの機能障害は、精神病性障害における陰性症状および神経認知の問題両方の原因となりうる。ほとんどの抗精神病薬は前頭前野の活性を低下させる可能性があるが、ドパミンD2パーシャルアゴニストであるアリピプラゾール(商品名:エビリファイほか)は、前頭前野の機能を改善するといわれている。この研究では、精神病性障害の患者を対象に、アリピプラゾールがリスペリドン(商品名:リスパダールほか)と比較して、治療後の前頭前野および関連領域の活性を高めるかについて検討が行われた。

オランダ・フローニンゲン大学のEdith J. Liemburg氏らによる、Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry誌2017年10月3日号の報告。

この探索的かつ薬理学的な神経イメージング研究では、対象である精神病性障害の患者24例を、アリピプラゾールまたはリスペリドンのいずれかに無作為に割り付けた。ベースライン時および治療9週間後に、面接およびMRIセッションを行った。

主な結果は以下のとおり。

・今回は、Tower of London(ToL)およびWall of Faces(WoF)の2つのタスク実行中の脳活性化(ASL[arterial spin labeling]で測定)について報告を行った。
・アリピプラゾール治療は、中前頭回、上前頭回、後頭葉回(ToL)、内側側頭葉回、下前頭回、被殻、楔部(WoF)の活性を減少させ、リスペリドン治療は活性を増加させた。
・アリピプラゾール治療は、腹側前帯状、後部島(ToL)、上前頭回、上側頭回、中心前回(WoF)の活性を増加させ、リスペリドン治療は減少させた。
・両治療群ともに、腹側島活性(ToL)、中側頭回(WoF)を増加させ、後頭皮質、楔前部、尾状頭葉(ToL)の活性を減少させた。

著者らは「アリピプラゾール治療は、遂行計画に必要な頭部リソースが少なくて済む可能性があり、感情刺激に対する前頭側頭および前頭前野の反応性を増加しうる。これらの予備的知見を裏付けるためには、より多くの研究が必要である」としている。

出典

Liemburg EJ, et al. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2017;79:112-119.

コメント

タイトルとURLをコピーしました