日本におけるクロザピン処方、有害事象の発生率は

CNS薬理研究所の稲田 健氏らは、日本の統合失調症患者におけるクロザピン(商品名:クロザリル)使用とそれに伴う副作用について調査を行った。Journal of Clinical Psychopharmacology誌2018年8月号の報告。

2009年7月~2016年1月に、クロザリル患者モニタリングサービスに登録されたデータを分析した。クロザリル患者モニタリングサービスは、2009年に日本に導入され、クロザピンの処方を受けたすべての日本人患者を登録している。

主な結果は以下のとおり。

・対象患者数は、3,780例であった。
・治療中止率は、23.9%(869例)であった。
・平均投与期間は234.9±306.9日(中央値:115日)、平均投与量は186.41±151.6mg/日であった。
・治療継続率は、1年後で78.2%、2年後で72.9%であった。
・好中球減少症/白血球減少症の発生率は、5.4%(206例)であった。
・投与中止前の平均投与量は、233.36±168.15mg(中央値:200mg、範囲:4~600mg)であった。
・耐糖能異常の発生率は、15.4%(583例)であった。
・耐糖能異常が発生した患者は、クロザピン投与前後で98例(2.67%)、クロザピン投与後で485例(12.8%)であった。
・投与開始から耐糖能異常が発生するまでの平均期間は、382.2±420.2日(中央値:216日、範囲:4~2,053日)であった。

著者らは「本研究で得られたデータ(とくにクロザピン誘発性の有害事象の発生データ)は、日本人の治療抵抗性統合失調症患者における、最適かつ安全なクロザピン使用を可能とするだろう」としている。

出典

Inada K, et al. J Clin Psychopharmacol. 2018;38:302-306.

コメント

タイトルとURLをコピーしました