強迫症状に注意が必要な第二世代抗精神病薬は

これまで、第二世代抗精神病薬(SGA)誘発の強迫症状(obsessive-compulsive symptoms:OCS)に関するレビューの大半は、記述的な症例報告に焦点が当てられ、実験的な所見への注目が限定的であった。カナダ・Center for Addiction and Mental Health(CAMH)のTrehani M. Fonseka氏らは、統合失調症患者のOCSの新規発症および増悪に関係しているSGAについて、実験に基づく文献のレビューを行った。その結果、とくにクロザピン(商品名:クロザリル)またはオランザピン(ジプレキサほか)を用いた治療中はOCSについてルーチンのモニタリングが必要である所見が得られたことを報告した。Current Psychiatry Reports誌2014年11月号の掲載報告。

症例報告研究において、SGAの中でクロザピン、オランザピン、リスペリドン(リスパダールほか)は、OCSとの関連が最も顕著な薬剤であることが示されている。OCSの共存は、治療効果、治療コンプライアンス、臨床予後を損ない回復を妨げる可能性がある。研究グループは、統合失調症患者におけるSGAのOCSへの影響をレビューし、異なる治療(期間、用量、血清レベル)および薬理遺伝学的因子の役割を調べた。

主な結果は以下のとおり。

・レビューの結果、クロザピンが、統合失調症におけるOCSの最大リスクであることが示唆された。
・クロザピン治療を受けていた患者のうち20~28%が新規OCSを発症し、10~18%がOCSの増悪を来していた。
・また、クロザピンは、症例によっては強迫性障害(obsessive-compulsive disorder:OCD)をもたらしていた。
・オランザピンは、OCSについて2番目に高リスクなSGAであった。オランザピン治療を受けていた統合失調症患者のうち11~20%がOCSを来していた。
・そのほかのSGAのOCSへの影響を特徴づける、実験的エビデンスは乏しかった。
・薬物誘発OCSについて、より長期の治療期間や遺伝的因子の関与を支持する実験結果があったが、それらの関連を解明するにはより多くの試験が必要と思われた。
・上記を踏まえて著者は、「統合失調症患者では、とくにクロザピンまたはオランザピンを用いたSGA治療期間中は、OCSに対する継続的なモニタリングをすべきである」とまとめている。

出典

Fonseka TM, et al. Curr Psychiatry Rep. 2014; 16: 510.

コメント

タイトルとURLをコピーしました