ブレクスピプラゾール(レキサルティ)への切り替えは、どんなメリットがあるのか

 CNS薬理研究所の石郷岡 純氏らは、アリピプラゾール(表品名:エビリファイほか)または他の抗精神病薬(ドパミンD2受容体アンタゴニスト)からブレクスピプラゾール(レキサルティ)に切り替えた際の、長期的な安全性の評価を行った。Human Psychopharmacology誌オンライン版2021年1月26日号の報告。

 日本人統合失調症外来患者を対象とした56週間オープンラベル試験の事後分析を行った。オープンラベル試験では、ブレクスピプラゾール2mg/日へ4週間で切り替えを行った後、52週間フレキシブルドーズ(1~4mg/日)で投与した。主要評価項目は、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド、血糖、体重、プロラクチンとした。副次的評価項目は、有効性、治療による有害事象(TEAE)、錐体外路症状、補正値QT間隔との関連とした。

主な結果は以下のとおり。

・対象患者186例中84例(45.2%)は、同意の撤回や有害事象のために治療を中断した(アリピプラゾールからの切り替え群[APZ群]:32.9%、他の非定型抗精神病薬からの切り替え群[AP群]:54.8%)。

・56週目のベースラインからの平均変化は、両群ともに総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド、血糖値ではわずかであり、平均体重(APZ群:1.1±4.4kg、AP群:0.4±4.6kg)のわずかな増加が認められた。

・平均プロラクチンレベルは、APZ群でわずかな増加が認められたが、AP群では減少が認められた。

・症状の重症度は、両群ともに減少が認められた。

・TEAE発生率は、86.6%(161例)であった。各群のTEAE発生率は、APZ群で84.1%、AP群で88.5%であり、重度のTEAE発生率は、APZ群で9.8%、AP群で14.4%であった。

・錐体外路症状、QT間隔の変化は、ほとんど認められなかった。

 著者らは「ブレクスピプラゾールへの切り替えは、代謝異常、体重増加、高プロラクチン血症、錐体外路症状、QT延長、精神症状への長期的な影響が少ない治療方法である」としている。

出典

Ishigooka J, et al. Hum Psychopharmacol. 2021 Jan 26. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました