ブレクスピプラゾール(レキサルティ)への切り替え、とくに注意すべき前治療薬は・・・

 東京女子医科大学の石郷岡 純氏らは、日本人統合失調症患者200例を対象に行ったブレクスピプラゾール(商品名:レキサルティ)単剤療法切り替えの試験データを用いて、事後分析を実施した。Neuropsychopharmacology Reports誌オンライン版2020年4月15日号の報告。

 試験期間は8週間、4週間の切り替えフェーズと4週間の切り替え後フェーズで構成されている。ブレクスピプラゾールへの切り替えスケジュールは、最初に1mg/日で投与を開始し、第4週目までに2mg/日まで増量した。それまでに使用されていた抗精神病薬は、第3週より徐々に減量し、第4週目までに中止した。ブレクスピプラゾールの投与量は、CGI-I基準に従い、最大4mg/日まで増量可能とした。

主な結果は以下のとおり。

・第8週目のブレクスピプラゾールの投与量別の割合は、以下のとおりであった。
 ●1mg/日:1.8%
 ●2mg/日:23.2%
 ●3mg/日:25.0%
 ●4mg/日:50.0%

・第8週目の治療中止率は、17.0%であった。

・主な治療中止理由は、同意の撤回(9.5%)、有害事象の発生(5.5%)、医師の判断(2.0%)であった。

・一般的に認められた有害事象は、鼻咽頭炎(13.5%)、統合失調症症状の悪化(9.0%)、不眠症(6.5%)、頭痛(5.5%)、アカシジア(5.5%)であった。

・治療中止率と前治療薬との関連では、アリピプラゾール(エビリファイほか)からの切り替えにおける治療中止率は4.9%であったが、ほかの抗精神病薬からの切り替えにおける治療中止率は、25.4%であった。

 著者らは「ブレクスピプラゾールへ切り替える際、主要な前治療薬がオランザピンの場合には、治療中止に至る有害事象を考慮し、慎重な切り替えが求められる」としている。

出典

Ishigooka J, et al. Neuropsychopharmacol Rep. 2020 Apr 15. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました