抗精神病薬アリピプラゾール、心臓への影響は

特定の抗精神病薬は、補正QT間隔(QTc)の延長リスクを高め、その結果torsades de pointes(TdP:トルサードポワン)や心臓突然死(SCD)のリスクを高める。また、薬剤誘発性ブルガダ症候群(BrS)もSCDと関連している。そして、ほとんどのSCDは、さらなる心リスク因子を有する患者において発生する。これまで、QTc延長リスクが高いトルサードハイリスク患者に対するアリピプラゾール(商品名:エビリファイほか)の心臓への安全性に関する評価は行われていなかった。デンマーク・オールボー大学病院のChristoffer Polcwiartek氏らは、アリピプラゾールの心臓への安全性を評価するため、メタ分析的アプローチによるシステマティックレビューを行った。Psychopharmacology誌2015年9月号の報告。

MEDLINE、Embase、Cochrane Libraryを用い、前臨床、臨床、疫学の研究データを検索した。適格な研究をレビューし、心臓への安全性データを抽出した。連続および2値のQTcデータをメタ分析に使用した。

主な結果は以下のとおり。

・前臨床研究より、アリピプラゾールは遅延整流カリウム電流の親和性を制限することが示唆された。
・TdPは症例報告2件、SCDは症例報告1件と症例シリーズ報告1件で報告されていた。
・トルサードハイリスク患者に対する、アリピプラゾールの心臓への安全性を評価した臨床研究は見つからなかった。
・アリピプラゾールのthorough QT(TQT)試験は、見つからなかった。
・メタ分析により、平均△QTc間隔はアリピプラゾールにより減少し、QTc延長リスクはプラセボや実薬対照群と比較し低いことが明らかとなった。
・疫学研究では、アリピプラゾールは、低/中程度のトルサードの遺伝性リスクと関連していた。
・高ナトリウム電流に対し低い親和性を示すBrSとアリピプラゾールとの関連についての試験は見つからなかった。

結果を踏まえ、著者らは「アリピプラゾールは、健康な患者における心臓安全性については、リスクの低い抗精神病薬であるが、TQT試験やハイリスク患者におけるデータが乏しいことから、著しいQTc延長がみられるトルサードハイリスク患者では、ベースラインと定常の心電図検査が推奨される」とまとめている。

出典

Polcwiartek C, et al. Psychopharmacology (Berl). 2015; 232: 3297-3308.

コメント

タイトルとURLをコピーしました