LAI切替時、ローディングでの副作用リスクは

長時間作用型抗精神病薬注射剤(LAI)を開始する際、一時的に経口抗精神病薬(OAP)と併用するローディング戦略は、安全性や忍容性の問題と関連している。山梨県立北病院の三澤 史斉氏らは、LAIのローディング戦略の安全性、忍容性を評価した。Schizophrenia research誌オンライン版2016年8月4日号の報告。

リスペリドン(リスパダールほか)またはパリペリドン(インヴェガ、ゼプリオン)を用いたLAIとOAPを比較した無作為化比較試験(RCT)のシステマティックレビュー、メタ解析を行った。主要アウトカムは、有害事象による治療中止とした。副次的アウトカムは、重篤な有害事象、死亡、1つ以上の有害事象、個々の有害事象発生率とした。

主な結果は以下のとおり。

・RCT 16件より有害事象119件が報告された(4,902例、平均年齢:36.4歳、男性比:65.8%、統合失調症比:99.1%)。そのうち55件(46.2%)の有害事象は、正式なメタ解析を可能とする、2つ以上の研究より報告されていた。
・全有害事象119件のうち115件は、LAIとOAPで有意な差は認められなかった(96.6%)。
・LAIとOAPの有害事象による治療中止率、重篤な有害事象、全死亡、事故や自殺を除く死亡は同様であった。
・OAPと比較し、LAIはアキネジア、LDLコレステロール変化、不安と有意に関連していた。
・また、LAIはプロラクチン変化の有意な低さと関連していた。

著者らは「LAIとOAPでは、すべての重篤な有害事象や個々の有害事象の90%超で差が認められなかった。しかし、同一成分のLAIとOAPにおける、有害事象の頻度、重症度、時間コースについてより多くの研究が必要とされる。また、OAP中止後のLAIの有害事象のデータも必要とされる」としている。

出典

Misawa F, et al. Schizophr Res. 2016 Aug 4. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました