抗精神病薬の性機能障害、プロラクチンへの影響を比較

抗精神病薬に共通してみられる性機能障害は、ドパミンアンタゴニスト作用やプロラクチン上昇によって引き起こされる可能性がある。18~60歳の統合失調症患者を対象とし、ドパミンD2受容体パーシャルアゴニストであるアリピプラゾール(商品名:エビリファイほか)の月1回400mg製剤(AOM400)が、ドパミンD2受容体アンタゴニストであるパリペリドンパルミチン酸エステル(ゼプリオン、PP)と比較し、Heinrichs-Carpenter QOLスコア(QLS)において非劣性と優位性を示したとするランダム化研究、QUALIFYの結果を解析した。

米国・カリフォルニア大学アーバイン校のSteven G Potkin氏らによる、International clinical psychopharmacology誌2017年5月号の報告。

性機能障害(アリゾナ性的体験尺度)、血清プロラクチンレベルを評価した。

主な結果は以下のとおり。

・AOM400の性機能障害の割合は、PPと比較して低く(28週目の調整オッズ比:0.29、95%CI:0.14~0.61、p=0.0012)、男性では0.33(95%CI:0.13~0.86、p=0.023)、女性では0.14(95%CI:0.03~0.62、p=0.0099)、18~35歳では0.04(95%CI:0.01未満~0.34、p=0.003)であった。
・ベースライン時の性機能障害が28週目に変化しなかった患者では、QLS総スコアの改善が大きくなる傾向にあった。
・男女ともに平均プロラクチン濃度は、AOM400で減少し(-150.6mlU/L、SD:274.4)、PPで増加した(464.7mlU/L、SD:867.5)。
・PP使用患者の6例は、プロラクチン関連有害事象を経験した。

著者らは「QUALIFY試験において、AOM400はPPと比較し、QLSの大幅な改善に加え、性機能障害およびプロラクチン上昇リスクが低かった」としている。

出典

Potkin SG, et al. Int Clin Psychopharmacol. 2017;32:147-154.

コメント

タイトルとURLをコピーしました