統合失調症治療、抗精神病薬+EPAの可能性

初回エピソード統合失調症患者に対する追加療法としての、n-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)使用に関連する皮質厚の変化について評価を行った。

ポーランド・ウッチ医科大学のTomasz Pawelczyk氏らによる、Schizophrenia research誌オンライン版2017年10月24日号の報告。

イコサペント酸エチル(EPA)およびドコサヘキサエン酸エチル(DHA)、またはプラセボ(オリーブ油)2.2g/dを含む濃縮魚油で26週間の介入を行う、二重盲検ランダム化比較試験を実施した。皮質厚の変化を評価するため、介入前後にMRIスキャンを行った。各対象者のT1強調画像は、FreeSurferを用いて解析した。

主な結果は以下のとおり。

・適切な品質のデータが得られた対象者は29例であった。
・統合失調症への関連を示唆する機能不全である、左脳半球のブロードマン7野と19野の頭頂後頭領域において、群間に皮質厚減少の有意な差を認めた。
・本結果は、高齢者および軽度認知障害を有する患者において実施されたこれまでの研究結果を支持し、とくに統合失調症のような神経変性疾患の初期段階にn-3PUFAが神経保護作用を有することが示唆された。

著者らは「本結果が再現されれば、n-3PUFAは、統合失調症の長期治療において抗精神病薬の有望な併用薬として、臨床医に推奨される可能性がある」としている。

 

出典
Pawelczyk T, et al. Schizophr Res. 2017 Oct 24. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました