抗精神病薬服薬による体重増加、ヒスタミン遺伝子との関連を検証

抗精神病薬誘発性体重増加(AIWG)と脳内ヒスタミンH1受容体(HRH1)アンタゴニスト、H3受容体(HRH3)アゴニストの効果に正の相関があることが実証されている。カナダ・トロント大学のArun K Tiwari氏らは、AIWGに対するHRH1、HRH3遺伝子における一塩基多型(SNP)の潜在的な影響を検討した。The world journal of biological psychiatry誌オンライン版2016年12月15日号の報告。

主にクロザピン(商品名:クロザリル)またはオランザピン(ジプレキサほか)で14週まで治療された統合失調症、統合失調感情障害患者193例を対象に、HRH1(n=34)およびHRH3(n=6)の40のタグSNPを分析した。SNPとAIWGの関連は、ベースラインの体重と治療期間を共変量とし、線形回帰を用いて評価を行った。

主な結果は以下のとおり。

・HRH1では、クロザピンまたはオランザピンのいずれかで治療されたヨーロッパ系の患者において、AIWGを有するrs7639145にわずかな関連が認められた(p=0.043、β=1.658、n=77)。
・クロザピンまたはオランザピンのいずれかで治療されたアフリカ系の患者において、2つのHRH1 SNP rs346074(p=0.002、β=-5.024)とrs13064530(p=0.004、β=-5.158)にわずかな関連が認められた(n=37)。
・しかし、複数の測定で修正した後、上記の関連は有意ではなかった。
・HRH3では、いずれの患者でも関連が認められなかった。

著者らは「本研究では、AIWGに対するHRH1およびHRH3のSNPは重要な役割を担っていないことが示唆された」としている。

出典

Tiwari AK, et al. World J Biol Psychiatry. 2016 Dec 15. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました