うつ病

うつ病リスクを回避するため新型コロナとどう向き合うべきか

日本ではロックダウンは行われなかったが、COVID-19パンデミックに伴う長期的な心理的苦痛によって、抑うつ症状の有症率は、パンデミック前の2~9倍に増加した
統合失調症

統合失調症治療薬、用量増加で注意すべき副作用は?

統合失調症患者に対する抗精神病薬の用量依存性の有無とその程度は、副作用の種類によって異なる
認知症

認知症を予防するためにも趣味を持つことは重要

グラウンドゴルフや旅行を趣味とする高齢者は、男女ともに認知症リスクが低く、また趣味の数が増加するほどリスクが低下することが示唆された
うつ病

うつ病の薬物療法、追加した薬剤は継続すべきか、中止すべきか

うつ病に対する増強療法で使用された薬剤は、中止される可能性が高いことが示唆された。しかし、増強療法で維持されている寛解患者では、当てはまらない可能性がある
うつ病

新型コロナウイルスでうつ症状や孤独感が上昇、とくに若い女性は注意が必要

米国におけるCOVID-19パンデミックの初期において、うつ症状や孤独感の上昇が認められた。リモートではなく、対面による社会的および性的つながりを維持した人では、メンタルヘルスのより良い結果が得られた。
片頭痛

片頭痛の予防に期待の新薬、ガルカネズマブ(エムガルティ)の有用性は

ガルカネズマブは、片頭痛のマネジメントにおいて、臨床的に安全かつ効果的であり、高用量での使用によりその有効性はさらに高まる
うつ病

双極性障害やうつ病、寛解後も認知機能に影響が残る

つ病患者では、処理速度のみが明らかな問題であると思われる点と比較し、BD患者では、非寛解状態で全体的かつより重度の認知機能障害が出現している。双極性障害、うつ病患者ともに、寛解期であっても認知機能低下が認められるようである
認知症

痴呆から認知症へ、呼称変更から25年で変化はあったのか

全体として、認知症患者の家族における不快感の軽減がうまくいっていることが示唆されている。しかし、依然としてスティグマを感じている家族は存在する。そのため、影響する因子を考慮した新たな政策が求められる
統合失調症

退院後の統合失調症、症状悪化に影響する要因は?

統合失調症患者の健康状態に影響を及ぼす患者および病院の要因を調査し、退院後30日間でどのような影響が認められるかを検討した
うつ病

抗うつ薬の治療効果、低体重だと最も高い

うつ病の治療結果は、BMIにより予測できることが確認された。また、抗うつ薬治療が最も奏効するのは、低体重の患者であることが初めて明らかとなった
タイトルとURLをコピーしました