統合失調症

AIで統合失調症を診断する時代が

統合失調症患者、自閉スペクトラム症患者、健常対照者から得たMRIの脳構造データを用いて機械学習を行い、鑑別診断のための機械学習器の開発を試みた
うつ病

初回治療で効果不十分なうつ病、次の治療はどの程度効果があるのか?

初回SSRI治療に奏効しなかった患者に対する他のモノアミン作動性抗うつ薬への切り替えは、寛解率が約20%であり、半分以上の患者で効果不十分であった
統合失調症

抗精神病薬治療2週間後に注意が必要な副作用

抗精神病薬治療2週間後に、インスリン抵抗性および脂質代謝異常が発生することが明らかとなった
その他

インターネット依存、メンタルヘルスへの影響度は?

中等度から重度のインターネット依存症は、身体症状を含むメンタルヘルスへの悪影響と強く関連しており、うつ病との最も強い関連性が示唆された
統合失調症

統合失調症治療薬ルラシドン(ラツーダ)の日本国内臨床試験の解析結果

日本人の急性期統合失調症患者に対するルラシドン40mg/日および80mg/日での治療は、全体的な症状改善に寄与するが、ルラシドン80mg/日では、錐体外路症状のリスクに注意が必要である
うつ病

周産期うつ病の予防に「ピアサポート介入」

ピアサポート介入は、周産期うつ病を予防または軽減する可能性がある
統合失調症

統合失調症の認知機能低下、喫煙の影響も

喫煙している慢性期統合失調症患者は、とくにワーキングメモリや実行機能などの認知機能に重大な問題を抱えていることが示唆された
認知症

認知症診療、レビー小体型とパーキンソン型の鑑別ポイント

レビー小体型認知症とパーキンソン病認知症は、臨床的および神経病理学的な特徴が重複している疾患であり、神経病理にはともに、レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の病理学的特徴が含まれている。また、脳アミロイド血管症はアルツハイマー型認知症でよくみられる所見であり、認知症との関連が知られている。
うつ病

うつ病と気分変調症の合併が増加、治療困難なケースも

うつ病と気分変調症を合併した二重うつ病(Double depression:DD)は、あまり知られておらず研究も少ないが、臨床においてうつ病患者の間に広がっている。そのため、DDに対する治療の有効性を把握することは重要である。米国・ノートルダム大学のDavid G. May氏らは、DDに対する治療の有効性を明らかにするため、メタ解析を実施した。
うつ病

うつ病予防に筋トレが有効

筋力の向上を目的とした介入は、メンタルヘルスを改善し、うつ病を予防する可能性が示唆された。
タイトルとURLをコピーしました