片頭痛

妊娠・授乳中の女性への新規片頭痛予防薬、その安全性は

 妊娠および授乳中の女性に対する抗CGRPモノクローナル抗体(erenumab、ガルカネズマブ[商品名:エムガルティ]、fremanezumab)の安全性プロファイルについて、スイス・Institute of Pharmacologica...
うつ病

うつ病からの職場復帰、作業療法の有用性は

 うつ病は一般的なメンタルヘルス障害であり、その症状により機能的な問題が生じ、日常活動を減少させる可能性のある疾患である。このような問題を抱える患者に対し作業療法は、日常的に提供されている治療法である。英国・サルフォード大学のLynn C...
統合失調症

統合失調症、どのようなコミュニケーション能力に影響が出るのか

 統合失調症の特徴の1つとして、他人の言語コミュニケーション意図を正しく推察することが非常に困難であることが挙げられる。いくつかの研究において、統合失調症患者の言語パフォーマンスを調査しているが、さまざまなコミュニケーションを理解する際の...
境界性パーソナリティ障害

妊娠出産に伴うメンタルヘルス、ハイリスクな境界性パーソナリティ障害

 周産期リエゾン精神科サービスに紹介された妊婦における境界性パーソナリティ障害(BPD)の有病率や特徴について、オーストラリア・Child and Adolescent Mental Health ServicesのKatharina N...
認知症

【認知症予防】歩道の多い街に住む認知症リスク低下

 日常生活に欠かせない環境資源の1つである歩道は、身体活動を促進するうえで重要なポイントとなる。しかし、先進国においても歩道の設置率は十分とはいえない。東京医科歯科大学の谷 友香子氏らは、日本における近隣の歩道環境と認知症リスクとの関連を...
統合失調症

アリピプラゾール持続性注射剤、早期に開始したほうがメリットあり?

 統合失調症患者の認知機能に対するアリピプラゾール(商品名:エビリファイ)の有用性は、これまでの報告で明らかとなっているが、最近発症した統合失調症患者を対象とした報告はあまりなかった。認知機能障害には、統合失調症の病態生理に関与しているカ...
片頭痛

神経障害性疼痛に対する片頭痛予防薬抗CGRPモノクローナル抗体の有用性

 カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は、末梢神経障害の一般的な特徴である神経因性疼痛の発症に関連することを示すエビデンスが増加している。臨床研究では、抗CGRPモノクローナル抗体が、片頭痛の予防に効果的であることが示唆されているが...
認知症

認知症の新しい評価尺度「ABC認知症スケール」の有用性は

 認知症を評価するための新しいツールとしてABC認知症スケール(ABC-DS)が、日本において開発された。ABC-DSは、日常生活動作(ADL)に関するドメインA、認知症の周辺症状(BPSD)に関するドメインB、認知機能に関するドメインC...
うつ病

うつ病の再発予防に心理療法は本当に有用なのか

 うつ病に対する予防的介入を発見することは、臨床診療において重要な課題である。中国・重慶医科大学のDongdong Zhou氏らは、成人うつ病患者における再発予防に対する非薬理学的介入の相対的有効性の比較検討を行った。Journal of...
ADHD

ADHDの診断精度、親と教師どちらが高いか

 小児や青年における注意欠如多動症(ADHD)の発見において親または教師の診断精度および親と教師における診断や症状の一致率について、トルコ・エーゲ大学のAkin Tahillioglu氏らが調査を行った。Nordic Journal of...
タイトルとURLをコピーしました