慢性疼痛患者に対する医療用大麻、オピオイドとの比較

慢性疼痛患者では、抑うつや不安を高率に合併している。オピオイド(OP)の処方は、疼痛の薬理学的治療において一般的な方法の1つであるが、米国および世界のいくつかの国において、疼痛管理のための医療用大麻(medical marijuana:MM)が増加している。OPおよびMMを処方された疼痛患者の、抑うつおよび不安レベルの比較を行った。

イスラエル・アリエル大学のDaniel Feingold氏らによる、Journal of affective disorders誌オンライン版2017年4月21日号の報告。

対象は、OP処方慢性疼痛患者(OP群)474例、MM処方慢性疼痛患者(MM群)329例、OPとMMの両方を処方された慢性疼痛患者(OPMM群)77例。抑うつおよび不安は、こころとからだの質問票(PHQ-9)および全般性不安障害尺度(GAD-7)を用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・抑うつの有症率は、OP群57.1%、MM群22.3%、OPMM群51.4%であった。
・不安の有症率は、OP群48.4%、MM群21.5%、OPMM群38.7%であった。
・交絡因子で調整した後、OP群はMM群と比較し、抑うつ(調整オッズ比:6.18、95%CI:4.12~9.338)および不安(調整オッズ比:4.12、95%CI:3.84~5.71)が陽性になる可能性が有意に高かった。
・また、OPMM群はMM群と比較し、抑うつの傾向がよりみられた(調整オッズ比:3.34、95%CI:1.52~7.34)。

著者らは「本検討は、横断的研究であり、因果関係を推論することはできない」としたうえで、「MM群と比較しOP群では、抑うつおよび不安レベルが高いことから、とくに抑うつや不安リスクのある慢性疼痛患者に対する最適な治療法を決定する際には、本所見を考慮する必要がある」としている。

出典

Feingold D, et al. J Affect Disord. 2017 Apr 21. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました