薬物有害事象報告より「うつ症状を誘発しやすい薬剤」「自殺リスクの高い薬剤」を特定

精神科治療における薬物有害反応(ADR)は患者にとって苦痛であり、公衆衛生に重大な影響を及ぼす。英国・ブリストル大学のThomas KH氏らは、1998~2011年に英国Yellow Card Schemeに自己報告された、抑うつ症状および致死的・非致死的自殺行動の頻度が多かった薬剤を特定した。その結果、バレニクリン(商品名:チャンピックス)、bupropion、パロキセチン(パキシルほか)、isotretinoin、rimonabantにおいて抑うつ症状の報告が多いこと、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、バレニクリンおよびクロザピン(クロザリル)では、致死的および非致死的自殺行動の報告が多いことが判明した。BMC Pharmacology and Toxicology誌オンライン版2014年9月30日号の掲載報告。

本検討では、1964年以降に抑うつ症状および自殺行動の自発報告が最も多かった薬剤を明らかにするため英国医薬品・医療製品規制庁(MHRA)よりYellow Cardのデータ提供を受け、NHS情報センターおよび保健省より入手した処方データに基づき薬剤によるADRの報告頻度を調べた。処方データは1998年以前分を入手できなかったため、1998~2011年に処方されたデータを分母としてADRの頻度を推算した。

主な結果は以下のとおり。

・検討期間中、20件以上の抑うつ症状が報告された薬剤は110種類、10件以上の非致死的自殺行動が報告された薬剤は58種類、5件以上の致死的自殺行動が報告された薬剤は33種類であった。
・抑うつ症状の報告が多かった薬剤のトップ5は、禁煙治療薬のバレニクリンおよびbupropion、次いでパロキセチン(SSRI)、isotretinoin(にきび治療に使用)およびrimonabant(体重減少薬)であった。
・致死的および非致死的自殺行動の報告が多かった薬剤のトップ5の中に、SSRI、バレニクリンおよび抗精神病薬のクロザピンが含まれていた。
・地域で抗精神病薬100万件処方当たりのADR頻度が高かった薬剤はrimonabant、isotretinoin、メフロキン(メファキン、抗マラリア薬)、バレニクリンおよびbupropionであった。
・5件以上の自殺の報告があったエファビレンツ(ストックリン、抗レトロウイルス薬)とクロザピンの2剤については、地域における処方数は多くなかった。
・以上のように、多くの神経系および非神経系薬について、抑うつ症状と自殺に関連するADRが報告されていた。
結果を踏まえて、著者らは「薬剤とADRの因果関係を明らかにする際に、自己報告データは使用できない。それゆえ、重大な警鐘が鳴らされる可能性がある精神的ADRについては、すべての無作為化対照試験において特別に評価、報告がなされるべきである」と述べている。

出典

Thomas KH, et al. BMC Pharmacol Toxicol. 2014; 15: 54.

コメント

タイトルとURLをコピーしました