不眠症治療薬スボレキサントの効き方

中途覚醒を減少させるスボレキサント(商品名:ベルソムラ)の効果について、覚醒発作の持続時間および頻度に関して調査を行った。

米国・メルク・アンド・カンパニーのVladimir Svetnik氏らによる、Sleep誌オンライン版2017年11月3日号の報告。

スボレキサント(40/30mg、20/15mg)またはプラセボの投与を行った不眠症患者1,518例を対象とした臨床試験データの睡眠ポリグラフの記録より、長いまたは短い覚醒発作の回数および時間、睡眠の質と発作特性との関連を分析した。覚醒および睡眠発作の特性について、不眠症患者におけるスボレキサントと実験的に一過性不眠症を誘発させた健康な被験者におけるゾルピデムに関して比較を行った。

主な結果は以下のとおり。

・スボレキサントは、プラセボと比較し、長い覚醒発作(2分超)の回数や時間を減少させ、短い覚醒発作(2分以内)の回数や時間を増加させた。
・第1夜目における長い覚醒発作の時間は、32~54分短縮され、短い覚醒発作の時間は、2~6分増加した。
・スボレキサントは、プラセボと比較し、長い覚醒から睡眠に戻る時間が平均して2倍速かった。
・長い覚醒発作に費やした時間が短縮されることは、プラセボに対し自己報告により睡眠の質が良好/優れるとするオッズ比が1.59~2.19であった。
・短い覚醒発作に費やした時間がわずかに増加しても、オッズ比に影響を及ぼさなかった。
・スボレキサントの高用量投与(40/30mg)では、この所見がより顕著であった。
・スボレキサントの覚醒および睡眠発作の特性は、入眠初期段階のすべての期間において覚醒および睡眠発作の回数を同様に減少させたゾルピデム(商品名:マイスリー)とは異なっていた。

著者らは「スボレキサントは、長い覚醒発作を減少させることにより、中途覚醒を減少させる。そして、このことが睡眠の質に良い影響を及ぼす」としている。

出典
Svetnik V, et al. Sleep. 2017 Nov 3. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました