精神疾患患者の不眠症にスボレキサント(商品名:ベルソムラ)は有効か

精神疾患患者の不眠症に対するスボレキサント(商品名:ベルソムラ)の有効性および安全性に関する報告は、これまで行われていなかった。藤田医科大学の岸 太郎氏らは、精神疾患患者を対象に、不眠症に対するスボレキサントの1週間プロスペクティブ臨床試験を実施した。Neuropsychopharmacology Reports誌オンライン版2019年7月8日号の報告。

試験開始の前週に不眠症状(総睡眠時間[TST]6時間未満、入眠時間[TSO]30分以上、入眠後2回以上の中途覚醒エピソードのいずれか)を4夜以上経験した精神疾患患者57例を対象に、スボレキサント固定用量による1週間の単一群プロスペクティブ臨床試験を実施した。

主な結果は以下のとおり。

・対象患者の平均年齢は49.4±17.3歳、女性の割合は54.4%、うつ病患者49.1%、試験完了率77.2%であった。
・スボレキサント投与は、ベースラインスコア(試験開始前2日間の平均スコア)と比較し、1週目のTST、TSO、中途覚醒、患者睡眠満足度の有意な改善と関連が認められた。
・有害事象が発現した患者は43.9%であった。主な有害事象は、眠気(28.8%)、疲労感(11.5%)、悪夢(5.8%)、頭痛(3.8%)、めまい(3.8%)、嘔吐(1.9%)であった。

著者らは「スボレキサントは、精神疾患患者の不眠症治療に有用な薬剤である。しかし、本研究は短期間であり、対象患者数も少数であったことから、より大規模な長期試験が必要とされる」としている。

出典

Kishi T, et al. Neuropsychopharmacol Rep. 2019 Jul 8. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました