難治性てんかん重積状態への有用な対処法

小児の痙攣難治性てんかん重積状態の治療における、全身麻酔導入前のレベチラセタム(商品名:イーケプラ)およびバルプロ酸(デパケンほか)の有効性、安全性を比較した研究は不十分である。トルコ・Dr Behcet Uzこども病院のRana Isguder氏らは、2011~14年に小児集中治療室に入院した痙攣てんかん重積状態の患者における抗てんかん薬の有効性を比較するため検討を行った。Journal of child neurology誌オンライン版2016年4月14日号の報告。

難治性てんかん重積状態の患者78例に対し、46例(59%)にはレベチラセタムを、32例(41%)にはバルプロ酸を投与した。

主な結果は以下のとおり。

・反応率は、2群間で差はなかった。
・有害事象は、レベチラセタム群では認められなかったが、バルプロ酸群では肝機能障害が4例(12.5%)に認められた(p=0.025)。

結果を踏まえ著者らは、「本研究では、全身麻酔導入前の難治性てんかん重積状態に対する治療にレベチラセタムおよびバルプロ酸を用いることができる。レベチラセタムは、バルプロ酸と同様の有効性を示し、より安全に使用できることが示唆された」としている。

出典

Isguder R, et al. J Child Neurol. 2016 Apr 14. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました