小児難治性てんかんの治療、レベチラセタムの評価は

レベチラセタム(商品名:イーケプラ)は、良好な忍容性を有しており、さまざまな発作型やてんかん症候群に対し有効な薬剤である。しかし、MRI所見や知的障害の有無に基づいた、子供の難治性てんかんに対するレベチラセタムの有効性を評価した研究はなかった。群馬大学の村松 一洋氏らは、子供の難治性てんかん患者に対するレベチラセタムの有効性、安全性を評価した。Brain & development誌オンライン版2016年10月13日号の報告。

著者らは、以下の基準を満たす小児患者49例に対するレベチラセタムの有効性、安全性を評価した。
(1)2年以上、第1選択の抗てんかん薬で治療を行っている、難治性てんかんと診断された患者
(2)20歳未満の患者
(3)6ヵ月以上、経口レベチラセタム治療を受けた患者
上記患者に対する、MRI所見と認知障害の状態との関係を評価した。

主な結果は以下のとおり。

・患者18例(37%)において、発作頻度50%以上減少を達成した。
・患者22例(45%)は、レベチラセタム投与前に7剤以上の抗てんかん薬で治療されていた。
・発作頻度50%以上減少を達成した18例のうち、MRI所見は13例が負、5例が正であった。また、認知障害は9例で認められた。

著者らは「本知見では、症候性病因(MRI病変、認知障害)を有する小児難治性てんかん患者に対するレベチラセタム治療は、有効であり、副作用は許容可能である」としている。

出典

Muramatsu K, et al. Brain Dev. 2016 Oct 13. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました