新薬の登場で妊娠中の抗てんかん薬処方はどのように変化しているのか

妊娠中の抗てんかん薬処方パターンは、変化してきているが、スペインでどの程度の変化が起こっているかは、よくわかっていない。妊娠中の発作をコントロールするための新薬の有効性は重要であり、長年にもわたり医師がこれらの新薬を使ってきたことによって、その処方パターンは変化している可能性がある。スペイン・Hospital Mutua de TerrassaのM. Martinez Ferri氏らは、これらの疑問を評価するため、12年にわたって収集したスペインEURAPレジストリの結果を報告した。Neurologia誌2018年3月号の報告。

インフォームドコンセントに署名した後、患者はレジストリに登録され、妊娠初期、妊娠第2期、第3期の終わり、出産後、出産1年後に評価が行われた。抗てんかん薬、てんかんの種類、妊娠1期当たりおよび妊娠期間中全体での発作頻度、妊娠中の発作のない頻度、先天性奇形の頻度について分析を行った。2001年6月~2007年10月(前期)と2008年1月~2015年5月(後期)のデータの比較を行った。

主な結果は以下のとおり。

・前期より304報、後期より127報の単剤療法の文献について比較を行った。
・カルバマゼピン(商品名:テグレトールほか)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、フェノバルビタール(フェノバールほか)の使用が減少し、レベチラセタム(イーケプラ)の使用が明らかに増加した。また、バルプロ酸の使用がわずかに減少し、ラモトリギン(ラミクタールほか)およびoxcarbazepineの使用がわずかに増加した。
・カルバマゼピンおよびバルプロ酸(デパケンほか)で治療したてんかんの種類に変化は認められなかったが、後期においてラモトリギンで治療した全般てんかん症例は少なかった。
・この傾向は、発作頻度の有意な変化とは関連が認められず、妊娠第3期における新規発作に対するより良いコントロールと関連が認められた。
・発作コントロールに関して、レベチラセタムは、カルバマゼピンやバルプロ酸と同等であり、ラモトリギンよりも有効であった。
・全般てんかんは、レベチラセタムで治療された症例の64%を占めていた。

著者らは「スペインにおける妊娠中の抗てんかん薬処方パターンは変化しており、カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタールの使用が減少していた。全般てんかんに対するラモトリギン使用が少ないため、この変化はてんかんの種類の影響を受けている。レベチラセタムは、古典的な抗てんかん薬と同様の発作コントロールを示し、ラモトリギンよりも効果的かつ良好であった」としている。

出典

Martinez Ferri M, et al. Neurologia. 2018;33:78-84.

コメント

タイトルとURLをコピーしました