第3世代抗てんかん薬の間接比較結果は

第3世代の新規抗てんかん薬として、eslicarbazepine(国内未承認)、ラコサミド(商品名:ビムパット)、ペランパネル(商品名:フィコンパ)、brivaracetam(国内未承認)が、最近販売されている。コントロール困難な焦点性てんかんにおける第3世代抗てんかん薬の有用性、忍容性を間接的に比較するためメタ解析が行われた。

中国・四川大学のZhu Li-Na氏らによる、Epilepsy research誌オンライン版2017年11月26日号の報告。

抗てんかん薬用量範囲にわたる治療効果を調査したすべての利用可能なプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を、Pubmed、Embase、Cochrane Online Library、Clinicaltrial.govのデータベースより検索を行った。続いて、Indirect Treatment Comparison ソフトウェアを用いて、新規抗てんかん薬間の有効性、忍容性の比較を行った。

主な結果は以下のとおり。

・19件のRCTより7,245例の患者が抽出された。
・用量にかかわらず第3世代抗てんかん薬間で、50%治療反応率および発作の無い割合のリスク差に有意な差は認められなかった。
・治療中に発現した有害事象リスクは、すべての用量において、brivaracetamと比較し、eslicarbazepineおよびペランパネルで有意に高かった。
・有害事象による治療中止率は、brivaracetamと比較し、ラコサミドおよびペランパネルの高用量治療を行った患者において有意に高かった。eslicarbazepineまたはラコサミドによる治療は、すべての用量を組み合わせたbrivaracetamよりも高い中止率と関連が認められた。

著者らは「本分析では、コントロール困難な焦点性てんかんにおける第3世代抗てんかん薬の有用性に有意な差は認められなかった。brivaracetamは、最も優れた忍容性を有する可能性がある。他の第3世代抗てんかん薬は、とくに高用量で投与した際、許容しがたい有害事象を高リスクで伴う。これらの間接的な比較結果は、さらなる検証が必要であり、今後よく設計された試験において検証するべきである」としている。

 

出典

Li-Na Z, et al. Epilepsy Res. 2017 Nov 26. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました