拒食に抗精神病薬、その是非は

神経性やせ症患者の体重増加のために第2世代抗精神病薬(SGA)を処方するケースが増えている。オーストリア・ウィーン医科大学のMarkus Dold氏らは、この治療選択肢が適切か否かを判断するために、無作為化試験のメタ解析を行った。

Psychotherapy and psychosomatics誌オンライン版2015年2月21日号の報告。

神経性やせ症患者に対するSGAの有効性、受容性、忍容性をプラセボまたは未治療群と比較した、すべての無作為化比較試験を対象とした。これを同定するための系統的なアップデート文献検索は、摂食障害の薬理学的治療のための世界生物学的精神医学会(WFSBP)ガイドラインに基づき実施された。主要評価項目は、BMIの平均変化量で評価した体重増加とした。副次的評価項目は、Yale-Brown-Cornell 摂食障害尺度(YBC-EDS)総スコアと摂食障害調査票(EDI)総スコアの平均変化量と早期治療中止である。Hedges’s gとMantel-Haenszelのリスク比をベースに、ランダム効果モデルを用いて標準化平均差を算出した。

主な結果は以下のとおり。

・7つの無作為化試験(オランザピン[商品名:ジプレキサほか]4件、クエチアピン[セロクエルほか]2件、リスペリドン[リスパダールほか]1件)から201例が抽出された(いずれの薬剤も、本邦において本疾患未承認)。
・SGA全体におけるBMIの平均変化量に統計学的に有意な差は認められなかった(7件、161例、Hedges’s g:0.13、95% CI:-0.17~0.43、p=0.4)。また各薬剤間でも有意な差は認められなかった。
・さらに、すべての副次的評価項目においても、プラセボまたは未治療群との間に有意な差は認められなかった。

以上の結果より著者らは「SGAは神経性やせ症の一部の患者において有効な可能性はあるものの、現時点では一般的に推奨されるものではない。さらなる研究により、SGAの恩恵を受ける患者をどのように識別するか、検討が必要である」とまとめている。

出典

Dold M, et al. Psychother Psychosom. 2015 Feb 21. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました