重度のストレスやうつ病からの復職に効果的なリハビリは

うつ病やストレスに関連する精神疾患による世界的な負担は大きく、効果的なリハビリテーションが必要とされている。自然療法のリハビリテーションは、精神疾患患者の復職への手助けとなる可能性がある。長期的な重度のストレスやうつ病を有する患者群を対象に、自然療法のリハビリテーションプログラムの期間が、プログラム開始1年後のアウトカムに対し、どのような影響を及ぼすかについて調査が行われた。

スウェーデン農業科学大学のPatrik Grahn氏らによる、International journal of environmental research and public health誌オンライン版2017年10月27日号の報告。

8、12、24週のリハビリテーションの結果を比較するため、プロスペクティブ準実験的研究を行った。参加者106例を対象に、特別に設計されたリハビリガーデンにおいて多様式なチームによるリハビリテーションを実施した。復職に関するデータは、介入前および開始1年後に収集した。また、自己評価による職業能力、個人管理、連帯感についてのデータを収集した。

主な結果は以下のとおり。

・介入1年後にフルタイムまたはパートタイムの復職または職業訓練などに参加した患者は、68%であった。
・リハビリテーション期間の長かった参加者では、職業能力に関してより良い結果が得られ、介入1年後のフルタイムまたはパートタイムの賃金労働をこなせる可能性が高かった。

著者らは「リハビリガーデンにおけるより長いリハビリテーション期間は、賃金労働へ復職する可能性を高める」としている。

出典

Grahn P, et al. Int J Environ Res Public Health. 2017;14. pii: E1310.

コメント

タイトルとURLをコピーしました