冬季うつ病になりやすい地域は?どのような特徴があるのか

ロシア科学アカデミーウラル支部のMikhail F Borisenkov氏らは、冬の季節性感情障害(冬季うつ病)と地理座標との関連を検討し、冬季うつ病の有無により若者の睡眠特性やクロノタイプ(日周指向性;いわゆる朝型・夜型)について比較を行った。Journal of sleep research誌オンライン版2014年11月28日号の報告。

著者らは、10~20歳の若者3,435人(男性1,517人、女性1,918人)を対象に、Munich クロノタイプ質問票(MCTQ)と季節パターン評価質問票(SPAQ)を用い、自己申告による睡眠特性、クロノタイプ、冬季うつ病について調査する横断的研究を実施した。

主な結果は以下のとおり。

・対象集団における冬季うつ病の有病率は8.4%、サブ冬季うつ病は11.8%であった。
・若者における冬季うつ病の予測変数は、女性(OR:1.87、p<0.0001)、より年長(OR:1.09、p<0.001)、北半球のより高緯度地域(OR:1.49、p<0.029)、タイムゾーンのより西側地域(OR:1.61、p<0.001)であった。
・冬季うつ病では、睡眠や目覚めが遅い、睡眠潜時が長い、睡眠慣性がより重度、総睡眠時間が短い、睡眠効率が低いことが、男女問わずに観察された。
・睡眠特性への冬季うつ病の影響は、学生時代により顕著であった。
・睡眠覚醒リズムと重度の社会的時差ぼけ(週末と平日の睡眠相中間点の差)の有意な位相後退は、冬季うつ病を有する女性で観察されたが、男性では見られなかった。
・冬季うつ病の有無は、睡眠特性やクロノタイプに有意差をもたらすことが示された。
・居住地の緯度とタイムゾーン内の位置はどちらも、北部に住む若者における冬季うつ病の有意な予測因子であることが示された。

出典

Borisenkov MF, et al. J Sleep Res. 2014 Nov 28. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました