米国のうつ病、どのような患者で増加しているか

うつ病は、重大な疾患、有病率、死亡率に関連している。2005~15年までの米国におけるうつ病の有病率を推定し、人口統計学的サブグループにより分析が行われた。

米国・イェシーバー大学のA. H. Weinberger氏らによる、Psychological medicine誌オンライン版2017年10月12日号の報告。

12歳以上の米国人(全分析サンプル:60万7,520例)を対象とした、年1回の横断研究であるNSDUH(National Survey on Drug Use and Health)のデータを用いた。過去のうつ病有病率は、2005~15年の回答者の中から毎年調査した。調査年別に層別化されたうつ病の有病率における時間傾向は、ロジスティック回帰を用いて調べた。年齢、性別、人種や民族、所得、教育によりデータを層別化し、再分析を行った。

主な結果は以下のとおり。

・2005~15年にかけて、米国におけるうつ病の有病率は、人口統計学的に調整した前と後で有意に増加していた。
・最年少群、最年長群、男性、女性、非ヒスパニック系白人、最低所得群、最高教育群、最高所得群において、うつ病の有意な増加が認められた。
・年と人口統計との間の有意な相互作用は、年齢において発見された。
・若者のうつ病の増加率は、すべての高齢者群と比べて有意に急速であった。

著者らは「米国におけるうつ病の有病率は、2005~15年にかけて有意に増加していた。若者のうつ病増加率は、高齢者群と比べて有意に急速であった。人口統計学的サブグループに特有の要因を含む、マクロレベル、ミクロレベルおよびうつ病の増加に起因する個々の要因を理解するためのさらなる研究は、公衆衛生予防および介入方法を明らかにするうえで役立つであろう」としている。

出典

Weinberger AH, et al. Psychol Med. 2017 Oct 12. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました