治療抵抗性うつ病に対する増強療法、現在のエビデンスは?

うつ病は、最も高い障害負荷を有する疾患の1つである。治療抵抗性うつ病は、その負荷の重要な因子であるが、そのための最良の治療アプローチ、とくに実践可能な増強療法の有効性については、あまり知られていない。英国・キングス・カレッジ・ロンドンのRebecca Strawbridge氏らは、治療抵抗性うつ病に対する心理学的および薬理学的な増強療法のエビデンスについて、システマティックレビュー、メタ解析を行った。The British Journal of Psychiatry誌オンライン版2018年11月20日号の報告。

2種類以上のうつ薬治療に対し効果不十分なうつ病患者を「治療抵抗性うつ病」患者と定義した。治験において、1種類以上の増強療法に無作為化された患者を対象とした。事前事後解析では、治療有効性を評価し、比較介入群と独立したエフェクトサイズ(ES)を算出した。

主な結果は以下のとおり。

・28試験が抽出された。内訳は、心理学的増強療法3件、薬理学的増強療法25件であった。
・事前事後解析では、N-メチル-D-アスパラギン酸を標的とする薬剤が、最も高いESを示した(ES:1.48、95%CI:1.25~1.71)。
・3試験以上行われていた薬剤は、アリピプラゾール(商品名:アリピプラゾールほか、4試験、ES:1.33、95%CI:1.23~1.44)、リチウム(リーマスほか、3試験、ES:1.00、95%CI:0.81~1.20)のみであった。
・全体として、薬理学的増強療法(ES:1.19、95%CI:1.80~1.30)および心理学的増強療法(ES:1.43、95%CI:0.50~2.36)は、プラセボ群(ES:0.78、95%CI:0.66~0.91)および心理学的コントロール群(ES:0.94、95%CI:0.36~1.52)よりもESが大きかった。

著者らは「実臨床で広く使用されているにもかかわらず、治療抵抗性うつ病に対する増強療法のエビデンスは、あまり多くない。事前事後解析は、直接比較の欠如により制限を受けるものの、治療方法全体にわたる有望な根拠を見いだすことができる」としている。

出典

Strawbridge R, et al. Br J Psychiatry. 2018 Nov 20. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました