生徒のうつ病に対する教師サポートの影響は

思春期のうつ病を軽減するための要因は、明らかになっていない。浜松医科大学の水田 明子氏らは、思春期の生徒におけるうつ病に対する教師のサポート効果を評価するため検討を行った。The Journal of school health誌2016年3月号の報告。

著者らは、中学生2,862人およびクラス担任を持つ教師93人に自己評価アンケートを実施した。説明変数は教師のサポートのクラスごとの平均値、目的変数はうつ病とし、バイナリロジスティック回帰モデルで検討を行った。教師のサポートのクラス平均値と社会経済的地位、生徒の性別、満足度のグレードとの交互作用を検討した。

主な結果は以下のとおり。

・教師サポートのクラス平均値の高さは、思春期におけるうつ病の有病率の低さと独立した関連が認められた(OR 0.739、95%CI:0.575~0.948)。
・教師サポートのクラス平均値と満足度のグレードとの交互作用は、有意であった(p=0.025)。
・教師サポートのクラス平均値と社会経済的地位や生徒の性別の交互作用は、有意ではなかった。

著者らは「教師サポートのクラス平均値の高さがうつ病の有病率の低さと関連していたことから、担任教師による介入を強化することで、生徒の健康状態を促進することができる」とまとめている。

出典

Mizuta A, et al. J Sch Health. 2016;86:173-180.

コメント

タイトルとURLをコピーしました