SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)中止後の離脱症状は

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)は広く用いられており、SNRIの中止は幅広い症状との関連が認められている。イタリア・ボローニャ大学のGiovanni A. Fava氏らは、SNRI中止後の離脱症状の発生、頻度、特徴について検討を行った。Psychotherapy and Psychosomatics誌オンライン版2018年7月17日号の報告。

PRISMAガイドラインに沿って、システマティックレビューを実施した。PubMed、コクラン・ライブラリ、Web of Science、MEDLINEのデータベースを用いて、2017年6月までの文献を検索した。検索キーワードは、デュロキセチン(商品名:サインバルタ)、ベンラファキシン(イフェクサー)、desvenlafaxine、ミルナシプラン(トレドミンほか)、levomilnacipran、SNRI、第2世代抗うつ薬、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬、および中断、離脱、リバウンドを組み合わせた。英語で公表された試験のみ抽出した。

主な結果は以下のとおり。

・包括基準を満たした研究は、61件であった。
・その内訳は、二重盲検ランダム化比較試験22件、オープンフェーズと二重盲検ランダム化フェーズを用いた試験6件、オープントライアル8件、自然主義的研究1件、レトロスペクティブ研究1件、ケースレポート23件であった。
・各種SNRI中止後に、離脱症状が認められた。
・離脱症状の発生率は、各報告で変化していたが、ベンラファキシンではより高率であると思われる。
・典型的に、症状発現は中止後数日以内に認められ、徐々に漸減しながら数週間継続していた。
・遅発性の障害や長期間の持続も同様に認められた。

著者らは「臨床医は、投与中止後に離脱症状を誘発する可能性のある薬剤リストに、他の向精神薬と共にSNRIを追加する必要がある」としている。

出典

Fava GA, et al. Psychother Psychosom. 2018 Jul 17. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました