食生活の改善は本当にうつ病予防につながるか

これまで行われた単体の栄養成分とうつ病との研究では、相反する結果が報告されており、また栄養成分間の複雑な相互作用を考慮することができなかった。最近の研究では、食事の構成要素全体とうつ病の関連を検討している試験が増えている。成人住民ベースを用いて、食事構成とうつ病との関連を評価するシステマティックレビューとメタ解析が行われた。

オーストラリア・Priority Research Centre for Gender, Health and AgeingのJun S Lai氏らによる、American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2013年11月6日号の掲載報告。

研究グループは、2013年8月までに発表された、成人を対象として食事(全構成)とうつ病との関連を調べていた試験を、6つの電子データベースを使って検索した。試験は方法論が厳密であるもののみを対象とした。2名の独立したレビュワーが、試験の選択、質の評価、データの抽出を行い、適格となった試験の効果サイズをランダム効果モデルを用いてプールした。所見サマリーが、試験概要を示しただけのものであったものはメタ解析から除外した。

主な結果は以下のとおり。

・合計21試験が特定され、13件の観察研究の結果がプールされた。
・食事パターンは、2つが特定された。
・解析の結果、健康食(healthy diet)は、うつ病リスクの低下と有意に関連していた(オッズ比[OR]:0.84、95%信頼区間[CI]:0.76~0.92、p<0.001)。
・西洋風の食事(Western diet)とうつ病には統計学的に有意な関連はみられなかった(OR:1.17、95%CI:0.97~1.68、p=0.094)。しかしながら、試験数が少なく効果を正確に推定できなかった。
・著者は、「果物、野菜、魚、全粒穀物の高摂取は、うつ病リスクの低下と関連している可能性があることが示唆された」と述べたうえで、「より質の高い無作為化比較対照試験とコホート研究を行い、今回の知見、とくに時間的連続性の関連について確認する必要がある」とまとめている。

出典

Lai JS et al. Am J Clin Nutr. 2013 Nov 6. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました