公園や緑地が少ないとうつ病になりやすいのか

公園や緑地が精神衛生上、有益な効果をもたらすとのエビデンスが増加しているが、ほとんどの研究において、特定または小さな地域に限定されている。韓国・ソウル大学のKyoung-Bok Min氏らは、公園や緑地が成人のうつ病や自殺の指標リスクと関連しているかを調査した。International journal of public health誌2017年7月号の報告。

韓国地域社会健康調査2009年のデータを用いた(16万9,029人)。各行政地区の公園や緑地の量を決定するため、居住地区コードを用いた。

主な結果は以下のとおり。

・公園と緑地面積の中央値は、1人当たり19.73m2であった。
・公園と緑地面積の最も広い地域(第1四分位群)に住む成人と比較して、最も狭い地域(第4四分位群)に住む成人は、すべての潜在変数を調整したのち、うつ病と自殺の指標リスクが16~27%高かった。
・適度な身体活動を行っていない人は、中等度の身体活動を行っている人と比較し、自己報告のうつ病および自殺念慮の割合が高かった。

著者らは「公園や緑地とうつ病や自殺指標との関連が確認された。さらに、適度な身体活動は、うつ病や自殺指標リスクを低下させることに貢献する可能性がある」としている。

出典

Min KB, et al. Int J Public Health. 2017;62:647-656.

コメント

タイトルとURLをコピーしました