パニック障害 + うつ病、副作用と治療経過の関係は

抗うつ薬の副作用は治療の有効性に影響を及ぼす。しかし、副作用が発現する患者や患者の副作用を予測することは困難である。パニック障害合併の有無による、うつ病患者の副作用発現状況を調査した。また、副作用により治療経過を予測可能かも検討した。これらの影響の特異性を調査するため、分析では不安障害、社交不安障害、全般性不安障害(GAD)を調査した。

米国・イリノイ大学シカゴ校のStewart A Shankman氏らによる、The Journal of clinical psychiatry誌オンライン版2017年1月3日号の報告。

大規模な慢性期うつ病患者のサンプルを対象に、2002~06年に12週間、事前に計画されたアルゴリズムに従って抗うつ薬を投与した。うつ症状(ハミルトンうつ病評価尺度)と副作用を2週間ごとに評価した。

主な結果は以下のとおり。

・ベースライン時のパニック障害の生涯診断は、胃腸(OR:1.6、95%CI:1.0~2.6)、心臓(OR:1.8、95%CI:1.1~3.1)、神経系(OR:2.6、95%CI:1.6~4.2)、尿生殖器の副作用(OR:3.0、95%CI:1.7~5.3)への治療と関連している可能性が高かった。
・副作用の頻度、強さ、罹病期間の増加は、パニック障害を合併した患者において、抑うつ症状の増加とより強い関連が認められた。
・社交不安障害、GADは、これらの影響と関連が認められなかった。

出典

Shankman SA, et al. J Clin Psychiatry. 2017 Jan 3. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました