日本人妊婦のうつ病診断、適切なカットオフ値はいくつか

妊娠中のうつ病は、母親と子供の両方に悪影響を及ぼす。出産前のうつ病は、出産後のうつ病の予測因子であるため、早期発見は出産後うつ病の予防につながる可能性がある。エジンバラ産後うつ病尺度(EPDS)は、周産期によく用いられるが、妊娠中のカットオフ値については、日本人で確認されていない。日本における妊娠中期のEPDSカットオフ値を最適化するため検討が行われた。

国立精神・神経医療研究センターの臼田 謙太郎氏らによる、Psychiatry and clinical neurosciences誌オンライン版2017年8月2日号の報告。

妊娠12~24週目の20歳以上の妊婦を募集し、そのうちEPDS 9点以上の妊婦に研究への参加を依頼した。EPDSと同時に、うつ病エピソードの診断のために精神疾患簡易構造化面接法(日本語版)を行った。ROC曲線、感度および特異度、EPDSの陽性、陰性反応の予測値を算出した。

主な結果は以下のとおり。

・参加者210例は、妊娠12週の1例を除き、すべて第2三半期であった。
・20例がうつ病エピソードと診断された。
・カットオフスコアを13点に設定した場合、ROC曲線下面積0.956、感度90.0%、特異度79.0%、EPDS陽性反応予測値54.5%、EPDS陰性反応予測値98.9%であった。

著者らは、「われわれの知る限り、本研究は日本において、妊娠第2三半期での最適なEPDSカットオフ値を明らかにするための、最初の研究である。本知見は、日本における出産前うつ病の適切なスクリーニングに役立つであろう」としている。

出典

Usuda K, et al. Psychiatry Clin Neurosci. 2017 Aug 2. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました