日本人男性、不眠でうつ病リスクが10倍にも

日本における男性労働者の不眠症とうつ病発症との関連を調査し、不眠症の重症度とうつ病発症との関連を明らかにするため、3年間のコホート研究が行われた。

椙山女学園大学の西谷直子氏らによる、International journal of public health誌オンライン版2017年10月20日号の報告。

男性労働者を対象に、うつ病と不眠症に関する自己管理アンケートを3年間実施した。うつ病はうつ病自己評価尺度(CES-D)を用いて評価し、不眠症はアテネ不眠尺度(AIS)を用いて評価した。ベースライン時にうつ病でない男性840例について分析を行った。

主な結果は以下のとおり。

・113例にうつ病が認められた。
・Cox回帰分析では、ベースライン時に不眠症(AISスコア1以上)であった男性は、うつ病発症リスクが7倍以上高かった。
・さらに、不眠症ではなかった男性(AISスコア0)と比較し、AISスコア1~3の男性のうつ病リスクは5.2倍高く、AISスコア4以上の男性はうつ病リスクが約10倍高かった。

著者らは「本研究による新たな知見は、不眠症の重症度とともにうつ病発症リスクが増加することであった」としている。

出典

Nishitani N, et al. Int J Public Health. 2017 Oct 20. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました