産後うつ病に対する同居家族の影響、パートナーによる育児への積極的関与が重要

産後うつ病(postpartum depression:PPD)には、多くの心理社会学的および生物学的なリスク因子がある。しかし、同居家族とPPDリスクとの関連性については検討されていなかった。大阪医科大学の本庄 かおり氏らは、日本人女性における同居家族と出産1ヵ月後のPPDリスクとの関連性を調査し、この関連性が、家計収入やパートナーの育児への関与によって影響を受けるかについて検討を行った。Social Science & Medicine誌オンライン版2018年10月2日号の報告。

対象は、日本人女性8万6,490例。データは、2011年に開始された大規模全国コホート研究である「子どもの健康と環境に関する全国調査(Japan Environment and Children’s Study:JECS)」より抽出した。主要予測因子は、妊娠第1三半期における同居家族(パートナー、実親、義親、子供)とした。アウトカムは、出産1ヵ月後のPPDとし、エジンバラ産後うつ病尺度で評価を行った。家族およびPPD発生率に対する調整オッズ比(OR)は、多変量ロジスティック回帰分析を用いて算出した。サブグループ分析は、家計収入やパートナーの育児への関与により実施した。

主な結果は以下のとおり。

・各家族と同居していなかった女性におけるPPDの調整ORは、同居していた女性と比較し、以下のとおりであった。
●パートナー 1.21(95%CI:1.07~1.37)
●実親 1.13(95%CI:1.03~1.24)
●義親 0.91(95%CI:0.84~0.98)
●子供 1.42(95%CI:1.31~1.53)
・パートナーの育児への関与レベルは、家族とPPDとの関連性を変化させた。

著者らは「“妊娠中の女性が誰と同居しているか”が、出産1ヵ月後のPPDリスクに影響を及ぼし、パートナーの育児への積極的な関与は、PPD発生率に対する家族の悪影響を減少させ、好影響を増加させた。これらは、パートナーの育児支援を高めるための介入が、生活状況にかかわらず、PPD予防に有効であることを示唆している」としている。

出典

Honjo K, et al. Soc Sci Med. 2018 Oct 2. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました