うつ病の再発予防に心理療法は本当に有用なのか

 うつ病に対する予防的介入を発見することは、臨床診療において重要な課題である。中国・重慶医科大学のDongdong Zhou氏らは、成人うつ病患者における再発予防に対する非薬理学的介入の相対的有効性の比較検討を行った。Journal of Affective Disorders誌2021年3月1日号の報告。

 再発予防に対する非薬理学的介入を調査したランダム化比較試験を検索し、ベイジアンネットワークメタ解析を実施した。95%信頼区間(CI)のエフェクトサイズをハザード比(HR)として算出した。非一貫性(globalとlocal)、異質性、推移性を評価した。積極的な治療群と対照群または抗うつ薬治療群とを比較した結果について、信頼性を評価した。

主な結果は以下のとおり。

・36件の研究をメタ解析に含めた。

・非薬理学的介入のほとんどは、さまざまな心理療法であり、その他は非侵襲的神経刺激療法(電気痙攣療法:3件、経頭蓋磁気刺激法:1件)であった。

・抗うつ薬治療または心理療法後の単独での心理療法によるアウトカムは、対照群より有意に良好であり、抗うつ薬治療群との間に有意な差は認められなかった。

・心理療法と抗うつ薬治療との併用は、どちらか一方の単独療法よりも優れていた。

・3つ以上前のエピソードを有する患者においても、結果は同様であった。

・神経刺激療法は、単独療法または抗うつ薬併用療法において、対照群よりも優れていた。

 著者らは「抗うつ薬治療または心理療法後の単独での心理療法は効果的であり、再発予防において抗うつ薬治療と同様に有用である。神経刺激療法も有望ではあるが、その有効性を確認するためにはさらなる研究が必要である」としている。

出典

Zhou D, et al. J Affect Disord. 2021;282:1255-1262.

タイトルとURLをコピーしました