うつ病から他の精神疾患へ移行する割合は10%以上

 うつ病から双極性障害、統合失調症、統合失調感情障害への診断転換について、その時間的パターンと予測因子を調査するため、フィンランド・ヘルシンキ大学のIlya Baryshnikov氏らは、レジスターベースのコホート研究を実施した。Bipolar Disorders誌オンライン版2020年5月8日号の報告。

 1996~2011年に精神科病棟へ初回入院したすべてのうつ病患者4万3,495例を15年間フォローアップした。診断転換の累積発生率および部分分布ハザード比(SHR)は、累積発生関数およびFine-Gray部分分布モデルを用いて定義した。

主な結果は以下のとおり。

・15年間の診断転換の累積発生率は以下のとおりであった。
 ●全体:11.1%(95%CI:10.7~11.6)
 ●双極性障害:7.4%(95%CI:7.0~7.8)
 ●統合失調症:2.5%(95%CI:2.3~2.7)
 ●統合失調感情障害:1.3%(95%CI:1.1~1.4)

・発生率が最も高かったのは、初年度であった。

・精神病性うつ病は、軽度うつ病よりも診断転換リスクが高かった。
 ●双極性障害:SHR=2.0(95%CI:1.5~2.7)
 ●統合失調症:SHR=5.3(95%CI:3.3~8.7)
 ●統合失調感情障害:SHR=10.6(95%CI:4.0~28.4)

・女性、重症うつ病、パーソナリティ障害の合併は、双極性障害への診断転換の予測因子であった。

・一方、若年および男性は、精神病性疾患への診断転換の予測因子であった。

 著者らは「初回入院となったうつ病患者の約9人に1人は、15年の間に他の精神疾患へ診断転換が行われており、そのリスクは最初の1年以内で最も高くなる。精神病性うつ病患者は、とくに脆弱であることが示唆された。また、精神病性疾患への診断転換は、双極性障害よりも早く起こる可能性がある。男性では、精神病性疾患への転換リスクが高いのに対し、女性、再発うつ病エピソード、重度の全体的機能障害、パーソナリティ障害では、双極性障害への転換リスクが高まる」としている。

出典

Baryshnikov I, et al. Bipolar Disord. 2020 May 8. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました