治療抵抗性うつ病とは、どのような患者か

抗うつ薬に反応しないうつ病を、治療抵抗性うつ病(TRD:treatment-resistant depression)という。TRDの定義には、治療反応、治療用量、治療期間の評価が含まれるが、これらの定義を医療保険データベースで実施することは困難である。米国・ヤンセン・リサーチ&ディベロップメントのM. Soledad Cepeda氏らは、データ駆動型TRD定義を構築し、その性能を評価した。Depression and anxiety誌オンライン版2017年12月15日号の報告。

対象は、1剤以上の抗うつ薬を使用し、躁病および認知症または精神病の診断がない成人のうつ病患者で、TRDのプロキシ(電気けいれん療法、深部脳刺激療法、迷走神経刺激療法)の有無にかかわらず層別化した。ランダムに選択された来院日のデータがない対象者がいるため、TRDのプロキシを有する対象者のインデックス日は施術日とした。使用したデータベースは3つであった。決定木(decision tree)による予測モデルに合致させた。インデックス日より3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月前の、適切な治療用量および治療期間にかかわらない抗うつ薬の数、抗精神病薬および心理療法の数、専門家ベースの定義が含まれた。性能を評価するため、曲線下面積(AUC)および輸送性(transportability)を算出した。

主な結果は以下のとおり。

・TRDのプロキシがない3万3,336例と、TRDのプロキシがある3,566例を分析した。
・抗うつ薬および抗精神病薬の数は、すべての期間において選択された。
・最も優れたモデルは12ヵ月時点で、AUC=0.81であった。
・このルールを適用すると、前年に抗精神病薬1剤以上または抗うつ薬3剤以上を使用の成人うつ病患者がTRDであり、治療対象者の15.8%がTRDであった。

著者らは「TRDかどうかの最も良い区分の定義は、前年での異なる抗うつ薬3剤以上または抗精神病薬1剤以上の使用とみなされる」としている。

出典

Cepeda MS, et al. Depress Anxiety. 2017 Dec 15. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました