軽度認知障害(MCI)から認知症への進行を予測する重大な要因は

軽度認知障害(MCI)からprobableなアルツハイマー型認知症(AD)への進行を予測する新たな診断基準が、米国・カリフォルニア大学サンフランシスコ校のSei J. Lee氏らにより開発提示された。臨床指標をベースとしたリスク予測因子で、臨床医がMCI患者の進行について低リスクvs.高リスクを鑑別するのに役立つ可能性があるという。PLOS ONE誌2014年12月8日号の掲載報告。

研究グループは、MCIから認知症への進行について、大半を臨床で即時に入手できる情報だけを用いた3年リスクの予測指標の開発に取り組んだ。多施設共同長期観察研究であるAlzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative(ADNI)登録患者で、健忘型MCI(Amnestic MCI)と診断された382例の情報を集めて、人口統計学的情報や併存疾患、症状や機能に関する介護者の報告、基本的神経学的尺度の各項目の被験者の実行能を調べた。主要評価項目は、probable ADへの進行であった。

主な結果は以下のとおり。

・被験者は、平均年齢75歳(SD 7)であった。
・3年以内に43%が、probableなADに進行した。
・進行に関する重大予測因子は、女性、支援拒否、介護者がいない時に転倒、1人での買い物が困難、予定を覚えていない、10単語リストの思い出し正答数、見当識、時計を描くのが困難、であった。
・最終ポイントスコアは0~16(平均[SD]:4.2[2.9])であった。
・optimism-corrected Harrell’sによるC統計値は0.71(95%CI:0.68~0.75)であった。
・3年間でprobableなADに進行したのは、低リスクスコア被験者(0~2ポイント、124例)では14%であった一方、中リスクスコア被験者(3~8ポイント、223例)は51%、高リスクスコア被験者(9~16ポイント、35例)は91%であった。

出典

Lee SJ, et al. PLoS One. 2014; 9: e113535.

コメント

タイトルとURLをコピーしました