認知症治療、教育プログラムの強化が求められる

伝統的な医療教育である期間限定の臨床ローテーションで得られた経験は、長期的条件、医療システムの発展により、多くの場合うまくいかない。学生の長期間配置、接触の継続性、慢性疾患について学ぶ機会、患者の経験を可能とするlongitudinal integrated clerkshipsやsenior mentor programmesが求められる。英国・Brighton and Sussex Medical SchoolのSube Banerjee氏らは、認知症に対する2年間の学際的教育プログラムの開発、提供についてレビューした。International journal of geriatric psychiatry誌オンライン版2016年10月10日号の報告。

研究デザインは、longitudinal integrated clerkshipsやsenior mentor programmesを含む医療従事者のための認知症教育強化についてレビューし、Time for Dementia(TFD)開発のケーススタディとその評価を行った。

主な結果は以下のとおり。

・認知症に関する強化プログラムは、8件識別された。米国は7件であった。
・いずれも強制ではなく、12ヵ月間継続した。
・ケーススタディデザインからの報告はすべてプラスの影響であったが、データの品質は弱かった。
・これらを踏まえ、TFDはアルツハイマー協会、大学やNHSと協力し、医療、看護、救急の学生のためのカリキュラムの中核部分を作成した。
・学生は、2年間3ヵ月ごとに2時間、認知症者とその家族を訪問した。
・疾患やサービスの経験に焦点を当てた半構造相互作用ガイドに従い、反省点の評価を行った。

著者らは「将来の医療専門家は、長期的条件を持つ人々を理解し管理できるようにするために専門職種間の学部教育を必要としている。これをサポートするためにTFDは設計されている」としている。

出典

Banerjee S, et al. Int J Geriatr Psychiatry. 2016 Oct 10. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました