認知症発症と関連する5つの精神症状

現在、認知症発症リスクのある人を特定するために用いられる主要な臨床マーカーは、認知機能障害や記憶障害である。認知症発症と神経精神医学的症状との関連を明らかにするため、検討が行われた。

メキシコ・国立自治大学のIsaac Acosta氏らによる、Alzheimer’s & dementia誌オンライン版2017年10月10日号の報告。

3年間のフォローアップを行ったメキシコの一般集団より、高齢者1,355例を対象としたコホートにおける認知症発症と神経精神医学的症状との関連を分析し、ポアソンモデルを用いて累積発症率をモデル化した。

主な結果は以下のとおり。

・認知症発症と関連が認められた神経精神医学的症状は、妄想、幻覚、不安、異常運動行動、うつ病の5つであった。
・軽度認知障害、糖尿病、認知機能指標、患者背景で調整したのち、5つの症状のうち2つの症状を有していた場合の相対リスクは1.9(95%CI:1.2~2.9)、3つの症状を有していた場合の相対リスクは3.0(95%CI:1.9~4.8)であった。

著者らは「前認知症において一般的に認められる神経精神医学的症状は、認知症発症のリスク因子である可能性がある」としている。

出典

Acosta I, et al. Alzheimers Dement. 2017 Oct 10. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました