アルツハイマー病、他のコリンエステラーゼ阻害薬への切り替え効果はどの程度

アルツハイマー病に対し、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(ChEI)から他のChEIへの切り替えによる治療効果はあるのかを、岡山大学の太田 康之氏らが評価した。Geriatrics & gerontology international誌オンライン版2017年1月6日号の報告。

ChEIの切り替えを行ったアルツハイマー病患者171例をレトロスペクティブに登録した。認知症の主要な3要素(認知、感情、ADL活動)について、切り替え6ヵ月前、切り替え時(ベースライン)、切り替え3、6ヵ月後に評価を行った。

主な結果は以下のとおり。

・切り替え6ヵ月後の3種のChEIの用量は、切り替え前と比較し、有意に低かった。
・ドネペジル(商品名:アリセプトほか)からガランタミン(レミニール)へ切り替えた場合、3ヵ月後に感情鈍麻の改善が認められたが、リバスチグミン(イクセロン、リバスタッチ)では認められなかった。また、切り替え後はADLに悪影響を及ぼした。
・ガランタミンからリバスチグミンへ切り替えた場合、3ヵ月後に認知スコアの改善が認められたが、ドネペジルでは認められなかった。
・これらの切り替えは、ADLを除く阿部式BPSDスコア(Abe’s Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia scores)を改善した。
・リバスチグミンからドネペジルへ切り替えた場合、6ヵ月後の阿部式BPSDスコアは悪化したが、認知機能およびADLは維持された。

著者らは「切り替え後のChEIは、用量が比較的少ないにもかかわらず、ドネペジルまたはリバスチグミンからの切り替えで6ヵ月以上、認知機能が維持された。ガランタミンからリバスチグミンへ切り替えた場合には、3ヵ月後のミニメンタルステート検査、阿部式BPSDスコアは改善したが、ADLスコアは改善しなかった」としている。

出典

Ohta Y, et al. Geriatr Gerontol Int. 2017 Jan 6. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました