認知症者へのホスピスケア、現状と課題

ホスピスケアを利用する認知症者の割合が増加している。しかし、認知症者をケアしているホスピスのタイプやホスピスの使用パターン、また認知症の有無にかかわらず、ホスピスを退所するタイミングについては、よくわかっていない。認知症者をケアしているホスピスの特徴、認知症の有無によるホスピスの退所パターン比較、ホスピスの退所に関連する認知症者およびホスピスレベルの特徴を評価するため、検討が行われた。

米国・マウントサイナイ医科大学のAline De Vleminck氏らによる、Journal of the American Medical Directors Association誌オンライン版2017年11月16日号の報告。

National Hospice Surveyのホスピス全国ランダム化サンプル(577件)に新規登録されたメディケア受給者(14万9,814人)の縦断コホート研究(2008~11年)のデータを用い、死亡まで追跡調査を行った(レスポンス率:84%)。

主な結果は以下のとおり。

・認知症の一次診断を受けた人は7,328例(4.9%)であった。
・認知症者をケアしているホスピスは、有償、大規模、5年以上のケアサービス提供、養護老人ホーム入所者の大部分(30%超)にサービス提供している可能性が高かった。
・認知症者は、非認知症者と比較し、急性期病棟入院または救急受診によるホスピスの退所が少なく、長期入所後(165日以上)にホスピスを退所する可能性が高かった。
・認知症の有無にかかわらず、短期入所後(165日未満)の退所に有意な差は認められなかった。
・多変量解析では、小規模なホスピスや養護老人ホームの一部の入所者にサービスを提供しているホスピスの入所者では、165日後に退所する可能性が高かった。

著者らは「認知症者は、非認知症者と比較し、長期入所後にホスピスから退所する可能性が高かった。ホスピスケアを希望する認知症者が増加するにつれ、終末期に認知症者に対する質の高い緩和ケアを提供するための潜在的な障壁に対処することが重要である」としている。

 

出典
De Vleminck A, et al. J Am Med Dir Assoc. 2017 Nov 16. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました