認知症患者の精神症状に対し、抗不安薬の使用は有用か

認知症患者の神経精神症状や機能レベルに対する入院および向精神薬の影響について、フィンランド・タンペレ大学のHanna-Mari Alanen氏らが調査を行った。その結果、認知症患者の神経精神症状に対する抗不安薬の使用を支持しない結果が得られたことを報告した。Dementia and geriatric cognitive disorders誌オンライン版2015年9月4日号の報告。

89例の認知症患者を対象とし、行動障害、認知機能、機能状態を、Neuropsychiatric Inventory(NPI)、Mini-Mental State Examination(MMSE)、Barthel Index、Alzheimer’s Disease Cooperative Study-Activities of Daily Living(ADCSADL)を用いて評価した。

主な結果は以下のとおり。

・入院中(平均44日)に、NPI総スコアは34.6から19.5(p<0.001)、ADLは32.2から21.7(p<0.001)へそれぞれ低下した。
・ADLの変化は、抗不安薬の影響のみが有意であった(p=0.045)。
・NPIの変化と抗精神病薬、抗不安薬の投与量は、MMSEスコアを共変量とした場合、有意な関連は認められなかった。
・抗精神病薬や抗不安薬の使用により、入院中の精神症状は改善したが、抗不安薬による患者の機能低下は重大であった。

出典

Alanen HM, et al. Dement Geriatr Cogn Disord. 2015;40:290-296. [Epub ahead of print]

コメント

タイトルとURLをコピーしました